学术殿堂之重器      学术历史之奠基
  • 年鉴年份:
  • 主编:       
  • 年鉴名称:
请输入关键词
请选择来源年鉴
  • 年鉴年份:
  • 主编:       
  • 年鉴名称:
当前位置:首页 >>中国辽夏金研究年鉴2015卷 >>文献详情

2011—2016年日本的辽金史研究

摘要:  日本的辽金史研究,经过“二战”一度陷入长期的低迷之后,从20世纪90年代后半期开始涌现出一批新的学者,并发表了数量颇多的研究成果。由于近年国内外学者之间的学术交流加强,不仅日本辽金史研究学者在以中国为主的海外国家发表文章,国外的学者也在日本发表文章,这已经成为普遍现象。武内康则《反映在〈辽史〉中音写汉字的契丹语的音声与音韵》 [ ※注]对记录在汉字资料中的契丹语所反映出的契丹语子音的音韵、音声特征进行了考察,认为把契丹语带入音写的汉字分布与契丹小字资料中所看到的契丹语的音韵体系并不矛盾。
  • 在线阅读
  • 原书中阅读
  • 2011—2016年日本的辽金史研究
    作者: [日]高井康典行 张冰 程妮娜

    日本的辽金史研究,经过“二战”一度陷入长期的低迷之后,从20世纪90年代后半期开始涌现出一批新的学者,并发表了数量颇多的研究成果。由于近年国内外学者之间的学术交流加强,不仅日本辽金史研究学者在以中国为主的海外国家发表文章,国外的学者也在日本发表文章,这已经成为普遍现象。那么如何界定本文评述的“日本的辽金史研究”的范围呢?“日本”是指空间意义上的日本,还是指有日本国籍的学者呢?本文的范围主要是在日本国用日语发表的文章,必要时也会对日本学者用其他语言(汉语、英语等)发表的文章加以介绍。

    本文评述的对象是2011年以来在日本发表的辽金史研究成果,由于孙昊曾对2012年之前的文章进行了整理[※注],为了避免重复,本文重点介绍2013年以后日本的辽金史研究成果。

    一 政治、制度、法律、军事

    学界在政治史研究领域所发表的成果尽管数量较少,但是也能够看到部分具备新视点的学术论文。

    爱新觉罗·乌拉熙春利用新出土的墓志,对遥辇九帐及国舅夷离毕帐进行了研究,先后发表了《遥辇氏迪辇鲜质可汗与陶猥思迭剌部——以契丹文〈故左龙虎军上将军正亮功臣检校太师只兖昱敞稳墓志〉为中心》[※注]、《国舅夷离毕帐和耶律玦家族》[※注],《孟父房遥辇氏和国舅夷离毕帐》[※注]等论文,对遥辇九帐被编入横帐孟父房,国舅夷离毕帐在国舅帐内势力的盛衰等进行了论述,也对《辽史》的《皇族表·外戚表》进行了修正。她的《大中央胡里只契丹国遥辇氏发祥地的素描——纪念金启孮先生逝世十周年》[※注]是一篇讲述遥辇氏故地(位于今内蒙古自治区赤峰市敖汉旗)的历史地理概观和辽代遗迹、文物的调查报告。乌拉熙春在论述国舅离毕帐时,认为《耶律斡特剌墓志铭》的墓主耶律斡特剌的次女,嫁给了辽天祚帝。对此说法,大竹昌巳在《契丹小字〈耶律斡特剌墓志铭〉所见的皇帝号并非天祚皇帝》[※注]一文中认为,耶律斡特剌次女嫁给了顺宗(顺圣皇帝)耶律濬,并对爱新觉罗·乌拉熙春的说法提出了批评。

  • 中国辽夏金研究年鉴2015卷

    出版社:中国社会科学出版社

    出版日期:2017-07

    章节:《中国辽夏金研究年鉴2015》 \  第十一篇 海外研究动态

    在原书中阅读
  • 相似文献
  • 五十余年写一书,甘苦欣慰谁人知

    来源: 中国辽夏金研究年鉴2014 \ 第五篇 书评·书讯

    刘凤翥(字潜龙)先生给我讲课时就用他的《契丹文字研究类编》的书稿做教材。因此,这部书稿我读过多遍。现在该书已由中华书局出版,在新书出版之际,特向广大读者介绍一下此书的内容和刘先生写此书的原委。刘先生撰写此书的缘起当发端于50多年之前他与翦伯赞先生的一次谈话。1962年,刘先生毕业于北京大学历史系中国古代史

    刘凤翥著《契丹文字研究类编》内容简介

    来源: 中国辽夏金研究年鉴2015 \ 第五篇 书评·书讯

    该书于2014年12月由中华书局出版,并荣获2014年度全国优秀古籍图书奖一等奖。《契丹文字研究类编》共分为七部分。第一部分为契丹文字研究综述。主要讲述契丹文字的创制、失传与重新出土;契丹大小字的区别以及我国契丹文字研究的历史和现状。第二部分为契丹小字论文选编,收集了我国早期契丹小字研究者罗福成、历鼎煃的全部

    近八十年来契丹大字研究综述

    来源: 中国辽夏金研究年鉴2014 \ 第二篇 研究综述

    契丹大字从1935年最初见之于发表资料至今已有近八十年的时间了,在此期间,契丹大字由不被人所识到解读成果斐然,可谓进展飞速、成绩瞩目。本文拟对近八十年来契丹大字的资料出土以及研究情况做一综述。一 契丹大字资料的发现、出土和著录情况 1.《大辽大横帐兰陵郡夫人建静安寺碑》:刻于咸雍八年(1072),现存辽中京博物

    逻各斯的技术

    来源: 中国哲学年鉴2014 \ 第七篇 新书选介

    该著以现代语言哲学为进路,深入考察了古希腊思想的丰富哲学意蕴,在引介20世纪西方古希腊哲学重要研究成果的基础上,力求获得对希腊哲学基本问题的崭新解释。该著主要考察的对象是巴门尼德、高尔吉亚和柏拉图这三位希腊哲学史上最伟大的思想家,特别是从语言哲学的角度重释柏拉图思想的形成与内在矛盾,揭示了柏拉图理念论

中国辽夏金研究年鉴

请输入收藏夹名称
您确定要删除吗?
引用格式
  • 引用格式
  • word
  • txt
清空清空导出导出复制复制
删除孙昊:《新时期日本的辽金史研究(2000—2012)》,载《辽代女真族群与社会研究》,兰州大学出版社2014年版,第173—197页;原载景爱主编《辽金西夏研究2012》,同心出版社2014年版。
删除愛新覚羅·烏拉煕春:《遥辇氏迪辇鲜质可汗与陶猥思迭剌部——以契丹文〈故左龙虎军上将军正亮功臣检校太师只兖昱敞稳墓志〉为中心》,《立命馆文学》616号,2010年3月,第1024—1013页。
删除愛新覚羅·烏拉煕春:《国舅夷离毕帐と耶律玦家族》,《立命馆文学》621号,2011年3月,第1256—1227页。
删除愛新覚羅·烏拉煕春:《孟父房遥辇氏と国舅夷离毕帐》,载愛新覚羅·烏拉煕春、吉本道雅《新出契丹史料の研究》,松香堂2012年版,第39—255页。
删除吉本智慧子:《大中央胡里只契丹国遥輦氏発祥地の点描—金啓孮先生逝去十周年を記念して—》,《立命馆文学》639号,2014年10月,第33—81页。并收录到愛新覚羅·烏拉煕春、吉本道雅《大中央胡里只契丹国遥輦氏発祥地の点描》,松香堂2015年版。
删除大竹昌巳:《契丹小字〈耶律斡特剌墓誌銘〉所見の皇帝号は天祚皇帝に非ず》,《KOTONOHA》161号,2016年4月,第1—19页。
删除毛利英介:《契丹令史蔡志順》,《関西大学東西学術研究所紀要》47,2014年,第293—217页。
删除高井康典行:《遼代の遊幸と外交—もう一つの伝統“中国”—》,载宋代史研究会編《宋代史研究会研究報告集第十集中国伝統社会への視角》,汲古書院2015年版,第125—150页。
删除高井康典行:《景宗、聖宗朝期の政局と科挙制度の确立》,《史观》168号,2013年3月,第38—57页。
删除高井康典行:《世界史の中で契丹[遼]をいかに位置づけるか—いくつかの可能性》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第21—33页。
删除武田和哉:《契丹国(遼朝)の北面官とその歴史的変質》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第115—128页。
删除高井康典行:《士と吏の間—五代、遼、金の中央吏職》,载《宋代史から考える》編集委員会編《宋代史から考える》,汲古書院2016年版,第135—166页。
删除孙佳:《金朝府制略论》,《社会文化史》55,2012年3月,第101—108页。
删除小林隆道:《宋代中国の統治と文書》,汲古書院2013年版。
删除小林隆道:《宋金石刻〈文書〉研究序説》,载《宋代中国の統治と文書》,汲古書院2013年版,第117—189页。
删除小林隆道:《文書の外観と統治—金代賜額勅牒観点官売制度の再検討》,载《宋代中国の統治と文書》,汲古書院2013年版,第221—270页。
删除小林隆道:《紙石の間—金代に刻石された宋朝文書》,载《宋代中国の統治と文書》,汲古書院2013年版,第271—296页。
删除古松崇志:《10~13世紀多国併存時代のユーラシア(Eurasia)東方における国際関係》,《中国史学》21,2011年,第113—130页。
删除古松崇志:《10~12世紀における契丹の興亡とユーラシア東方の国際情勢》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第8—20页。
删除古松崇志:《契丹とユーラシア東方の国際秩序》,《歴史と地理》686,2015年8月,第52—55页。
删除古松崇志:《契丹、宋間の国信使と儀礼》,《東洋史研究》73巻2号,第63—100页。
删除廣瀬憲雄:《宋代東アジア地域の国際関係概観—唐代、日本の外交文書研究の成果から》,载平田茂樹、遠藤隆俊編《外交史料から十~十四世紀を探る》,東アジア海域叢書7,汲古書院2013年版,第5—29页。
删除山崎覚士:《五代十国史と契丹》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第34—33页。
删除毛利英介:《澶淵の盟について—盟約から見る契丹と北宋の関係》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第44—55页。
删除毛利英介:《遼宋間における〈白箚子〉の使用について—遼宋外交交渉の実態解明手がかりとして—》,载《外交史料から十~十四世紀を探る》,東アジア海域叢書7,汲古書院2013年版,第185—210页。
删除毛利英介:《国信使の成立について》,《アジア史学論集》9号,2015年2月,第27—49页。
删除毛利英介:《〈関南誓書〉初探》,《関西大学東西学術研究所紀要》49,2016年4月,第343—363页。
删除毛利英介:《冊封する皇帝と冊封される皇帝—契丹(遼)皇帝と北漢皇帝の事例から—》,《関西大学東西学術研究所紀要》46,2013年4月,第213—228页。
删除毛利英介:《契丹、北宋間における皇帝間関係の起源と論理に関する一試論》,《新しい歴史学のために》286号,2015年。
删除井黒忍:《受書礼に見る十二~十三世紀ユーラシア東方の国際秩序》,载《外交史料から十~十四世紀を探る》,東アジア海域叢書7,汲古書院2013年版,第211—236页。
删除井黒忍:《金初の外交史料に見えるユーラシア東方の国際関係》,载荒川慎太郎、高井康典行、渡辺健哉編《遼金西夏研究の現在》3,東京外国語大学アジア、アフリカ言語文化研究所,2010年6月,第31—46页。
删除广濑宪雄关于檀渊体制论的批判,参见廣瀬憲雄《古代東アジア地域対外関係の研究動向—〈冊封体制〉論、〈東アジア世界〉論と〈東夷の小帝国〉論を中心に—》,《歴史の理論と教育》129、130,2008年,第3—15页を参照。
删除松井太:《契丹とウイグルの関係》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第56—69页。
删除渡邊美樹:《契丹の西方政策と対宋情勢》,《史艸》55,2014年11月,第71—98页。
删除藤野月子:《遼と近隣諸国との公主降嫁による外交について》,《九州大学東洋史論集》44,2016年3月,第1—33页。
删除藤野月子:《契丹における中原王朝との婚姻に基づいた外交政策に対する認識について》,《史淵》151輯,2014年3月,第1—26页。
删除参见藤野月子《王昭君から文成公主へ—中国古代の国際結婚》,《九州大学人文叢書》1,九州大学2012年版。
删除赤羽目匡由:《契丹と渤海の関係》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第70—75页。
删除豊島悠果:《金朝の外交制度と高麗使節—1204年賀正使節行程の復元試案》,《東洋史研究》73巻3号,2014年12月,第33—67页。
删除金成奎著、洪性珉訳:《宋代東アジア帝王生日小考》,载《宋代史から考える》編集委員会編《宋代史から考える》,汲古書院2016年版,第111—134页。
删除洪性珉:《税役から見たら宋遼両属民》,《内陸アジア史研究》28号,2013年3月,第1—26页。
删除吉本智慧子:《契丹女子の命名習俗に関する再考察—金啓孮先生逝去十周年を記念して》,《立命館文学》638号,2014年7月,第128—105页。
删除飯山知保:《金元時代の華北社会と科挙制度—もう一つの〈士人層〉》,早稲田大学出版部2011年版。
删除飯山知保:《“孫公亮墓”碑刻群の研究:12~14世紀華北における“先瑩碑”の出現と系譜伝承の変遷》,《アジア、アフリカ言語文化研究》85号,2013年3月,第61—170页。
删除飯山知保:《金元時期北方社会演変与“先瑩碑”的出現》,《中国史研究》2015年第4期,第117—139页。
删除飯山知保:《明代先瑩碑の変遷》,载《宋代史から考える》編集委員会編《宋代史から考える》,汲古書院2016年版,第289—312页。
删除飯山知保:《金元交替と華北士人》,载内山精也編《南宋江湖の詩人たちー中国近世文学の夜明け》,アジア遊学180,勉誠出版2015年版,第224—233页。
删除飯山知保:《遼の“漢人”遺民のその後》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第240—252页。
删除井黒忍:《山西翼城喬澤廟金元水利碑考—以〈大朝断定使水日時記〉為中心》,《山西大学学报》2011年第3期,第92—97页。
删除井黒忍:《水利碑研究序説》,《早稲田大学高等研究所紀要》4号,2012年3月,第77—84页。
删除吉野正史:《〈耶律·蕭〉と〈移剌·石抹〉の間》,《東方学》127輯,2014年1月,第83—99页。
删除吉本道雅:《遼史地理志東京遼陽府条小考—契丹·高麗関係史の一齣》,载愛新覚羅·烏拉煕春、吉本道雅《韓半島から眺めた契丹、女真》,京都大学出版会2011年版,第258—268页。
删除吉本道雅:《契丹国志疏証》,《京都大学文学部研究紀要》51号,2012年3月,第1—69页。《大中央胡里只契丹国遥輦氏発祥地の点描》,松香堂2015年版に再録。
删除吉本道雅:《遼史世表疏証》,载愛新覚羅·烏拉煕春、吉本道雅《新出契丹史料の研究》,松香堂2012年版,第1—38页。原载《京都大学文学部紀要》50号,2011年3月,第31—92页。
删除工藤寿晴:《モンゴル時代の盧龍趙氏—〈秋澗先生大全文集〉所収〈盧龍趙氏家伝〉を中心に—》,载《高橋継男教授古希記念 東洋大学東洋史論集》編集委員会編《高橋継男教授古希記念 東洋大学東洋史論集》,汲古書院販売,2016年3月,第397—427页。
删除澤本光弘:《〈神宗皇帝即位使遼語録〉の概要と成立過程》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第101—114页。
删除洪性珉:《陸佃〈使遼録〉の佚文とその史料価値について—陸游の筆記史料を中心に》,《東洋学報》98巻1号,2016年6月,第63—89页。
删除洪性珉:《〈御定宋史筌〉〈遼伝〉から見た〈宋史〉改修の歴史的意義—中国史書の編纂に見る朝鮮型中華主義》,载《宋代史から考える》編集委員会編《宋代史から考える》,2016年7月,第345—378页。
删除水盛涼一:《清人のみた契丹》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第264—277页。
删除毛利英介:《満州史と東北史のあいだー稲葉岩吉と金毓黻の交流より》,《関西大学東西研究所紀要》48,2015年4月,第343—363页。
删除島田正郎:《契丹国:遊牧の民キタイの王朝》(新装版),東方書店2014年版。
删除初出,明治大学法学部法史学研究室編刊《島田正郎先生論著目録》1975年版。
删除吉本智慧子:《契丹文字の音価推定及び相関問題》,《立命館文学》627号,2012年7月,第157—129页。
删除吉本智慧子:《契丹小字新発見史料の釈読及び相関問題》,《立命館文学》632号,2013年7月,第140—106页。
删除吉本智慧子:《契丹文字に遺された〈秘史〉—成百仁先生の傘寿に寄せて—》,《立命館文学》633号,2013年11月,第457—411号。
删除武内康則:《契丹語の複数接尾辞について》,《言語研究》149,2016年,第1—17页。
删除武内康則:《〈遼史〉中の音写漢字に反映された契丹語の音声と音韻》,《内陸アジア言語の研究》30,2015年8月,第1—27页。
删除Takeuchi,Yasunori“Direction Terms in Khitan”,Acta Linguistica Petropolitana 11(3):pp.451-464.
删除武内康則:《最新の研究からわかる契丹文字の姿》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,156—165页。
删除豊田五郎、武内康則著、武内康則編:《豊田五郎契丹文字研究論集》,松香堂書店2015年版。
删除武内康則:《解説編》,载豊田五郎、武内康則著、武内康則編《豊田五郎契丹文字研究論集》,松香堂書店2015年12月,第263—284页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献中の漢語音からみた漢語喉音韻尾》(上),《KOTONOHA》137号,2014年4月,第1—8页。
删除大竹昌巳:《関於契丹語的兄弟姉妹称謂系統》,《KOTONOHA》142号,2014年9月,第1—16页。
删除大竹昌巳:《契丹語の奉仕表現》,《KOTONOHA》149号,2015年4月,第1—15页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献所引の漢文古典籍》,《KOTONOHA》152号,2015年7月,第1—19页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献所引の漢人典故》,《KOTONOHA》160号,2016年3月,第1—18页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献における母音の長さの書き分け》,《言語研究》148,2015年,第81—102页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献における〈世官之家〉》,《KOTONOHA》159号,2016年2月,第1—12页。
删除大竹昌巳:《契丹小字文献における〈母音間のg〉》,《日本モンゴル学会紀要》46,2016年,第19—34页。
删除吉池孝一:《長田夏樹と契丹小字研究》,《KOTONOHA》98号,2011年1月,第13—20页。
删除吉池孝一:《〈慶陵〉の契丹文字接尾語表について》,《KOTONOHA》100号,2011年3月,第90—107页。
删除吉池孝一:《〈慶陵〉契丹文字接尾語表の属格語尾》,《KOTONOHA》101号,2011年4月,第20—27页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏の契丹語ノートなど—契丹原字出度表—》,《KOTONOHA》103号,2011年6月,第9—19页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏の契丹語ノートなど—契丹原字音価表—》,《KOTONOHA》105号,2011年8月,第19—26页。
删除吉池孝一:《周辺言語の漢字音》,《KOTONOHA》106号,2011年9月,第6—18页。
删除吉池孝一:《契丹漢字音の存否》,《KOTONOHA》109号,2011年12月,第12—18页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏の契丹語ノートなど—接尾語忘備録》,《KOTONOHA》110号,2011年1月,第1—8页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏の契丹語ノートなど—〈慶陵〉に関わる諸資料の音価対照》,《KOTONOHA》111号,2012年2月,第11—16页。
删除吉池孝一:《契丹文字接尾語表(〈慶陵〉)考》(1),《KOTONOHA》112号,2012年3月,第1—8页。
删除吉池孝一:《契丹文字接尾語表(〈慶陵〉)考》(2),《KOTONOHA》113号,2012年4月,第16—19页。
删除吉池孝一:《東洋文庫所蔵女真文字碑断片拓本について》,《KOTONOHA》114号,2012年5月,第1页。
删除長田礼子、吉池孝一、武内康則、中村雅之:《長田夏樹氏旧蔵拓本目録》,《KOTONOHA》115号,2012年6月,第1—3页。
删除吉池孝一:《契丹文字接尾語表(〈慶陵〉)考》(3),《KOTONOHA》116号,2012年7月,第15—18页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏の契丹語ノートなど—〈接尾語忘備録〉の挙例と〈慶陵〉の記述》,《KOTONOHA》118号,2012年9月,第1—4页。
删除吉池孝一:《長田夏樹氏旧蔵学術資料目録—抜刷論文、電子複写論文、口頭発表資料》,《KOTONOHA》119号,2012年10月,第1—5页。
删除吉池孝一:《厲氏1958年の契丹小字研究—漢語音を利用した先駆的研究として》,《KOTONOHA》120号,2012年11月,第1—5页。
删除吉池孝一:《〈慶陵〉(1953年刊)の契丹語研究—体系的研究の嚆矢として》,《KOTONOHA》122号,2013年1月,第1—8页。
删除吉池孝一:《契丹語の孝について》,《KOTONOHA》124号,2013年3月,第14—17页。
删除吉池孝一:《長田夏樹旧蔵図書目録1(古代文字資料館管理分)》,《KOTONOHA》125号,2013年4月,第1—5页。
删除吉池孝一:《関於契丹小字的字素配列法》,《KOTONOHA》127号,2013年6月,第1—4页。
删除吉池孝一:《関於長田夏樹先生遺留的契丹小字解読工作的資料》,《KOTONOHA》129号,2013年8月,第1—9页。
删除吉池孝一:《契丹文字と西夏文字》,《KOTONOHA》131号,2013年10月,第23—26页。
删除吉池孝一《郎君行記末尾の契丹小字と漢語訳》,《KOTONOHA》140号,2014年7月,第3—7页。
删除呉英喆:《契丹小字新発見資料釈読問題》(松川節,武内康則,荒川慎太郎校閲),東京外国語大学アジア、アフリカ研究所2012年版。
删除呉英喆:《契丹小字史料における〈失(室)韋〉》,《日本モンゴル学会紀要》45,2015年,第3—8页。
删除呉英喆:《中国新出の契丹文字史料》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第166—178页。
删除ヴェチェスラフ、P、ザイツェフ著、荒川慎太郎訳:《ロシア科学アカデミー東洋文献研究所所蔵契丹大字写本》,《内陸アジア言語の研究》27,2012年8月。
删除荒川慎太郎:《ロシア科学アカデミー東洋文献研究所所蔵契丹大字写本》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第179—187页。
删除川崎保:《〈渤海〉文字資料からみた女真文字の起源に関する—考察—ヴォヴイン論文(2012)を中心として》,《古代学研究》202,2014年7月,第34—40页。
删除中村雅之:《遼代碑文の左横書き漢文について》,《KOTONOHA》102号,2011年5月,第1—2页。
删除中村雅之:《〈夷堅志〉〈契丹誦詩〉に見える“俗語”》,《KOTONOHA》112号,2012年3月,第22—24页。
删除藤原崇人:《草海の仏教王国—石刻、仏塔文物に見る契丹の仏教》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第8—100页。
删除桂華淳祥:《金代における宗室と仏教》,《大谷学報》92巻2号,2013年3月,第24—45页。
删除磯部彰:《遼帝国の出版文化と東アジア》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第76—87页。
删除西脇常記:《金蔵〈大方便仏報恩経〉は契丹蔵か?》,《文化史学》71号,2015年11月,第27—44页。
删除末木文美士:《高山寺所蔵高麗版続蔵写本に見る遼代仏教》,载《平成25年度高山寺典籍文書綜合調査団研究報告論集》2014年3月,第3—9页。
删除Kitsudo,Koichi(橘堂晃一),“Liao Influence on Uigur Buddhism”,I.Galambos(ed.)Studies in Chinese Manuscripts from the Warring Stats Period to the 20th Century,Institute of East Asian Studies,E?tv?s Lorànd University 2013,pp.225-247.
删除水野さや:《中国、遼寧省におけるいわゆる遼塔の第一塔身浮彫尊像に関する調査報告》,《金澤美術工芸大学紀要》55,2011年,第49—92页。
删除水野さや:遼代朝陽北塔に関する考察》,《金澤美術工芸大学紀要》57,2013年,第91—110页。
删除水野さや:《北京市周辺における遼塔の第一塔身荘厳モティーフについて—北京天寧寺塔再考の第一段階として—》,《金澤美術工芸大学紀要》58,2014年,第57—82页。
删除水野さや:《北京天寧寺塔について》,《密教図像》33,2014年12月,第1—14页。
删除水野さや:《遼塔、金塔における碑形装飾について》,《金澤美術工芸大学紀要》59,2015年,第61—82页。
删除那須真裕美:《唐代、遼代を中心とした縁起法頌の受容と変容—造塔供養の観点から—》(1),《密教学》50号,2014年3月,第117—136页。
删除松木的研究中介绍与辽金史有关的内容不多,这里将其与辽金史有关的文章列举如下,以供参考:《北京の仏塔—年代考証を中心に》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)2,1990年3月,第77—103页;《北京“銀山塔林”小志》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)4,1992年3月,第85—102页;《北京、潭柘寺仏塔研究》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)5,1993年3月,第43—75页;《北京、白瀑寺と仏塔—金代のラマ式寺院》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)7,1995年3月,第37—54页;《北京、戒台寺の諸仏塔》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)13,2001年3月,第77—107页;《北京、天寧寺塔》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)15,2003年3月,第211—230页;《北京、八大処の諸仏塔(上):長安寺と霊光寺》,《北海道東海大学紀要》(人文社会科学系)16,2004年3月,第144—163页。
删除松木民雄:《北京、雲居寺仏塔小考》,《東海大学国際文化学部紀要》5,2012年,第17—46页。
删除高橋幸吉:《元好問と韓門文人—元好問詩における韓門の受容—》,《中国研究》6,2013年,第49—77页。
删除高橋幸吉:《金末元初における〈江湖派的〉詩人—楊宏道と房皞》,载内山精也編《南宋江湖の詩人たちー中国近世文学の夜明け》,アジア遊学180,勉誠出版2015年版,第211—223页。
删除高橋幸吉:《金末元初における〈江湖派的〉詩人(補遺)—段克己、段成己と張弘範—》,《中国詩文論叢》34,2015年12月,第161—172页。
删除福井敏:《遼代出土墓誌小考》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第301—314页。
删除松浦智子:《从明代小说中所见的契丹——杨家将演义谈起》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡边健哉編《契丹(遼)与10~12世纪的東部欧亚大陆》,亚洲游学160,勉诚出版2013年1月,第253—263页。
删除福本有寿子:《遼代を中心とした染織品に見る文様の変遷についてー中国出土裂と日本伝来の錦の比較から》,《人文論究》62巻4号,2013年2月,第53—72页。
删除福本有寿子:《遼代染織品に見られる鳥襷形式の文様に関する一考察》,《美術史》180,2016年3月,第303—319页。
删除橋村愛子:《平家納経とその経箱—呉越国,宋,契丹の仏塔に納められた法華経と日本より—》,《美学美術史研究論集》26号,2012年,第1—47页。
删除等々力政彦:《内モンゴル敖漢旗喇嘛溝の遼墓壁画に認められる,台形胴の長頸リュートについて》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第49—63页。
删除宮紀子:《モンゴル王族と漢児の技術主義集団》,载小南一郎編《学問のかたち:もう一つの中国思想史》,汲古書院2014年版,第177—222页。
删除谷口綾:《金元代における儒医の展開について》,《東方宗教》121,2013年5月,第45—64页。
删除奥野繁生:《劉完素と〈西山群仙会真記〉》,《東方宗教》121,2013年5月,第24—44页。
删除温静:《中国遼、金代の建築における補間鋪作の形式》,《日本建築学会計画系論文集》78,2013年1月,第231—236页。
删除高橋学而:《遼中京大定府の成立—管轄下の州県城から》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第129—139页。
删除高橋学而:《遼寧省遼河流域の遼代州県城址についての踏査報告》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第72—85页。
删除中尾幸一、町田吉隆:《島田正郎氏作成祖州城址地形図の検証—衛星画像を用いて》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》52,2014年3月,第91—96页。
删除大山耕生、中尾幸一、町田吉隆:《衛星画像を用いた中国、遼上京址平面図の作成》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》52,2014年3月,第117—120页。
删除千田嘉博:《奈良大学創立40周年記念事業平成21年度総合研究所特別研究報告モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動—モンゴル国チントルゴイ遺跡2009年調査報告》,《総合研究所所報》19号,2011年3月,第141—150页;千田嘉博:《モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動2010年度調査成果報告》,《総合研究所所報》20号,2012年3月,第95—114页;千田嘉博:《モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動2011年度調査成果報告》,《総合研究所所報》21号,2013年3月,第79—87页。
删除千田嘉博、A、エンフトル編、モンゴル科学アカデミー考古学研究所監修:《チントルゴイ城跡の研究2009年調査報告—奈良大学特別研究〈モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動〉》,奈良大学2010年版;千田嘉博編:《チントルゴイ城跡の研究20092011—奈良大学特別研究〈モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動〉》,奈良大学2011年版;千田嘉博、A、エンフトル編:《チントルゴイ城跡の研究2010年調査報告—奈良大学特別研究〈モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動〉》,奈良大学2011年版;坂本俊,千田嘉博、A、エンフトル編、モンゴル科学アカデミー監修:《チントルゴイ城跡の研究—奈良大学特別研究〈モンゴル遼代城郭都市の構造と環境変動〉調査報告4》,奈良大学2015年版。
删除木山克彦、臼杵勲、千田嘉博、正司哲朗、A、エンフトゥル:《チントルゴイ城址と周辺遺跡》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第205—220页。
删除臼杵勲:《東アジアの中世城郭:女真の山城と平城》,吉川弘文館2015年版。
删除董新林著、渡辺健哉訳:《遼祖陵陵園遺跡の考古学的新発見と研究》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第221—231页。
删除武田和哉:《契丹国(遼朝)の皇帝陵および皇族、貴族墓の占地に関する一考察》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第86—108页。
删除町田吉隆:《契丹陶磁の〈周縁性〉に関する検討—唾壺と陶枕を例に—》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》48,2010年3月,第161—166页。
删除町田吉隆:《契丹国(遼朝)時代の陶枕について》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》54,2016年3月,第21—26页。
删除町田吉隆:《契丹陶磁の〈周縁性〉に関する検討(2)—唐代の三彩窯との比較を通して—》,神戸市立工業高等専門学校紀要》50,2012年3月,第157—162页。
删除町田吉隆:《契丹陶磁の〈周縁性〉に関する検討(3)—遼代の都城、州県制度との関連から—》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》51,2013年3月,第161—164页。
删除町田吉隆:《契丹陶磁の〈周縁性〉に関する検討(4)—西夏陶磁との関連から—》,《神戸市立工業高等専門学校紀要》53,2015年3月,第73—78页。
删除町田吉隆:《遼墓出土契丹陶磁に見られる契丹国(遼朝)社会の階層性について》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第64—71页。
删除臼杵勲:《契丹の地域土器生産》,《札幌学院大学人文学会紀要》91,2012年2月,第47—67页。
删除弓場紀知:《日本に伝わる契丹の陶磁器—契丹陶磁器の研究史的観点を中心にして》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第141—145页。
删除藤原崇人:《遼東仏塔初探—遼陽県塔湾塔について》,《大谷大学真宗総合研究所研究紀要》31,2014年,第41—48页。
删除吉田一彦:《契丹(遼)の仏教をたずねて—2012年度の調査から—》,《人間文化研究所年報》8,2013年3月,第52—58页。
删除阿南ヴァージニア史代:《遼南京の仏教文化雑記》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第146—154页。
删除阿南ヴァージニア史代:《契丹の最後の拠点—草原を守る辺境の砦茫漠たるモンゴル大草原を旅して》,载《外交》30,2015年3月,第108—113页。
删除松川節:《契丹大字碑文の新発見》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第188—193页。
删除山本明志:《河南省滎陽の金元時代の石刻史料》,《歴史評論》783,2015年7月,第1925页。
删除船田善之、井黒忍、飯山知保:《晋北訪碑報告》,《学習院大学東洋文化研究所調査研究報告》57,2012年11月,第130页。
删除船田善之、井黒忍、飯山知保、小林隆道:《河東訪碑報告》,《九州大学東洋史論集》38,2013年1月,第137页。
删除市元塁:《契丹の遺宝は何を伝えるのか—草原の王朝契丹展の現場から》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第232—238页。
删除石尾和仁:《徳島県立鳥居龍蔵記念館》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第278—282页。
删除河内春人:《フランス、シノロジーと契丹》,载荒川慎太郎、澤本光弘、高井康典行、渡辺健哉編《契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア》,アジア遊学160,勉誠出版2013年版,第283—287页。
删除参见井黒忍《2014年の歴史学界—回顧と展望—:東アジア(中国—五代、宋、元)》,《史学雑誌》124編5号,2015年5月,第223页。
删除参见毛利英介《2014年の歴史学界—回顧と展望—:内陸アジア》,《史学雑誌》124編5号,2015年5月,第261页。